ノート3冊分の自分史e-book&オリジナル質問シートを無料配布中!

ノート3冊分の自分史は誰でも書いたらいいという訳ではありません

お知らせ
本記事はメールマガジンからの転載記事です。
阪井が配信しているメールマガジンの登録はこちらからお願いいたします。

最近のマイルールです

最近、色んなところに寄付をするようにしています。
クラウドファンディングで応援したり、定期的に寄付するようにしたり…。

ただ、それよりもずっと前から続けていることがあります。
それはコンビニでモノを買ったら、レジの横にある募金箱に「100円を寄付する」というマイルールです。
「コンビニでモノを買う度に」というマイルールなので、例えば1日のうちに3回行ったら300円を寄付する…という具合です。

こんなことを書くと「起業して余裕があるからできるんでしょ?」という声が聞こえてきそうですが、全くの逆です。
コンビニ100円募金は、起業した当時から…つまり全く稼げていない時からもう8年も続けています。

敢えてこのような表現をしますが、
稼いだから寄付をする”ではなく“寄付をするから稼げる”と考えているからです。

お金に余裕ができたら寄付をしよう!
稼げるようになったら◯◯をしよう!
というような「△△したら◯◯しよう!」というものではありません。
私の考えでは「△△したら◯◯しよう!」という機会は一生やってくるものではないからです。
むしろ「△△するから◯◯の状態になる」と考えています。

あなたの中で「△△したら◯◯しよう!」というものはありませんか?

もし、そのような◯◯があるとしたら、それをさっさとやってみてください。
そうすると、△△という自分が望む状態は向こうからやってきます。

阪井の実体験と脳科学の視点、色んな方へのインタビューから言っていることなので
決してフワッとした“引き寄せの法則のようなもの”ではないと補足しておきます。笑

ノート3冊分の自分史を体験してみよう

本サイトでは

  • “真っ直ぐに生きる”ための3冊分の自分史ガイドブック
  • 自己分析用の質問シート

を無料e-bookという形で配付しています。
まずは自ら「ノート3冊分の自分史」に取り組むところから始めてみてはいかがでしょうか?

ノート3冊分の自分史を受講する方法とは?

よく頂くご質問に

「ノート3冊分の自分史」に興味があるのですが、具体的にどうしたら受講できるのですか?

というものがあります。

「ノート3冊分の自分史」では、文字通りノート3冊分ほどにもなる“圧倒的な分量”でもって自分自身と対話していくのですが
その「ノート3冊分の自分史」に取り組む方法は、大きく3つのステップに分けることができます。

STEP.1
メルマガ登録特典や本の購入特典でもらえる質問シートを元に書いてみる
まずは、無料で配布している質問シートを使って、自分で自分史を書いてみることでしょう。ここが最初に通るステップであると同時に、残念ながら脱落する方が多いステップでもあります。ほとんどの方が自分史を1周目を書き切る前に終わってしまいます。
STEP.2
動画講座を受講する
STEP.1と同様に、自分で書くことになりますが、
実は「ノート3冊分の自分史」には動画講座が存在しています。
動画講座を観ていただきながら、まずは1周目を書き切るということをゴールとしています。
STEP.3
自分史コンサルティングを受講する
自分史における最高峰は、阪井の「ノート3冊分の自分史」を受講いただくことです。これは、専門家の視点を取り入れた上で、自らの認知の外にある気付きを得ることで、自らの行動に基づいた価値観を明らかにし、人生にブレイクスルーを起こすことができます。会社員の方から経営者まで、様々な方にご受講いただいています。

書いた人にしか見ることのできない世界がある

あなたは、「自分の人生にブレイクスルーを起こしたい」と思いますか?
もっと突っ込んだ言い方をすると、本気でそう願っていますか?

もし「本気で思っているよ!」と言えるのであれば、自分をブレイクスルーさせるために「1日24時間のうち、どのくらいの時間を使っていますか?」
◯◯したい!のように、口では何とでも言えてしまうのです。

でも、大事なことは行動することです。

いくら◯◯したい!と思っていても、行動が伴っていなければ…
自分が望む結果に辿り着くことはできません。

「ノート3冊分の自分史」ではクドいくらいに言い続けていますが…究極の第二領域(緊急でないけど重要なこと)です。

そのため…重要なのは分かっているけれど、後回しになってしまいやすい。
どうしても、目の前にある「今すぐにやらなければいけないこと」に、私たち人間は意識を持っていかれやすい。

では、巷でよく言われるような“成功する人”というのは、何か特別な才能があったのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

成功する人は、自分の望む結果に対するリアリティ(臨場感)を持っていて、そこに向かって一直線に行動を起こし続けるからこそ、自分の望む結果を手にしています。

著述家の中谷彰宏さんの言葉ですが

したい人、1万人。
始める人、100人。
続ける人、1人。

という言葉があります。

これは本当にその通りで、結果を出すことができる人は続けることができたからこそ、結果を出すことができるということです。
「ノート3冊分の自分史」をやっていると、まさにこの言葉が如実に当てはまることでしょう。

誰でも書いたらいいという訳ではない

先ほどのSTEP.1が1万人いたとしたら、STEP2は100人。そしてSTEP.3になると1人。

実際に統計データを出してみたところ、この法則がピッタリ当てはまります。
だからこそ阪井は、「ノート3冊分の自分史」において
「誰でもできますよ!」とか「簡単ですよ!」といった言い方はしません。

むしろ、「大変ですよ!」「むしろ来ないでください!」といったことを普通に言います。

もしかしたら上から目線に聞こえるかもしれませんが、阪井が探している人は、続ける人、1人だからという理由もあるのです。
だからこそ、自分史コンサルティングを受講できる方は、敢えて絞らせていただいているのです。

最後に、先日「ノート3冊分の自分史コンサル」の初回を終えられた方に対して

ノート3冊分の自分史に興味がある方へのメッセージをお願いします!

とお願いしたところ、なかなか秀逸な答えが返ってきました。

味がある、のか、今書きたい、のか、そこが大事。
「他の人が自分史書いた感想や、結果を聞いてみたいなぁ…」って、自分に合うかを疑ってるときは、今じゃない。
書くタイミングはその時が来てはじめて分かると思うから、それまで大いに悩んだらよい。

今回も最後までお読みいただき、有り難うございました!

お知らせ
本記事はメールマガジンからの転載記事です。
阪井が配信しているメールマガジンの登録はこちらからお願いいたします。