ノート3冊分の自分史e-book&オリジナル質問シートを無料配布中!

ノート3冊分の自分史の成功事例・お客様の声

本記事では、弊社サービスを受講していただいた方の成功事例・お客様の声をご紹介しています。

ノート3冊分の自分史の成功事例

岡村さんは元々、外資系企業に勤める普通の会社員でした。管理職になり、収入面では不安は無くなった。しかしながら、40歳になるのを前に、「自分の人生このままで良いのか」と思い始め、ノート3冊分音自分史を書くことを決断されました。 全くのゼロスタートでしたが、ノート3冊分の自分史を書き終えた後は、ご自身のミッションがハッキリと定まり、法人コンサル受注、収入が2倍といった成果から、ミッションを元にして本を出版され、処女作にも関わらず20万部を超えるベストセラーとなりました。
飯沢さんは、東京・港区でパーソナルトレーニングジムを経営されています。「ノート3冊分の自分史」を書く前より、一定の集客はできていましたが、将来のことを考えると「このままで良いのか」という漠然とした不安がありました。「ノート3冊分の自分史」を書いたあとは、コンセプトが明確になり、新規受付が3ヶ月待ち、更にキュレーションメディアのAll aboutに専門家登録されるなど、活躍の幅を拡げられています。
佐藤さん(仮名)は、toB向けのご自身の会社を経営されています。元々会社自体は成長期にあったのですが、自分の想いが社内に伝わらない。自分の想いをハッキリと言語化し、社員へ伝えたいという想いから「ノート3冊分の自分史」に取り組まれました。 その結果、自分の想いを言語化することに成功し、それが社員に伝わり会社の業績が大幅にアップ。更にご自身でも自分の想いを伝えるため、toC向けの新会社を設立し、現在はご自身のメソッドを体系化して伝えることに注力されています。
平野さんは元々副業でカウンセリングサービスを提供されていました。しかし、他者との差別化に悩み、起業塾に通うも結果が出ない。そういった経緯から「ノート3冊分の自分史」を書くことを決断されました。「ノート3冊分の自分史」を書いている最中から変化が見え始め、自分のミッションが明確になっていくにつれて売上が徐々に上昇。過去最高の年商を叩きだし、独立されました。現在は人気カウンセラーとして、カウンセリングの予約は数ヶ月待ちの状態が続いています。

その他の成功事例(一部抜粋)

  1. 大手外資系生命保険会社支社長(部下100名)。ノート3冊分の自分史から見つけた価値観をもとにした組織運営をスタート。それまでの売上至上主義からの転換を図り、職場の雰囲気が改善し離職者を減らしながら売上上昇中。
  2. 経営者専門占い師。女性向けから転換し、事業をイチからつくる。現在はセミナーが7ヶ月連続満席(20回近く)。
  3. ノート3冊分の自分史から見つけ出したコンセプトを元に出版決定。処女作と2作目が累計20万部超を売上げる。
  4. 個人事業主。コンセプトを決めたその日に契約決定(電話でコンセプトを話したら、依頼したいと言われた)。
  5. 普通のOLだった人が独立を決める。独立後、企業からの依頼が複数舞い込み、企業とのコラボ企画決定。
  6. 副業のライター。副業をやったことがなかったが、コンセプトをつくったら個人事業主からの依頼が多数舞い込み、副業での対応が限界に。独立検討中。
  7. 自身の価値が見つけられず、全く稼げていなかったファイナンシャルプランナーが、ノート3冊分の自分史の受講後、口コミだけで自身の商品に問い合わせが殺到し、単価30万円のコンサルティング契約を獲得。
  8. 会社員として蓄積してきた業務効率化ノウハウをメソッド化したところ、中小企業の社長からコンサルティング依頼をもらい、単価50万円のコンサルティング契約を獲得。その後月商100万円を突破。
  9. 独立後半年で2件しか契約を獲得することができなかったWebコンサルタントが、独自の勉強会を主催し、1ヶ月で単価30万円の新規契約獲得。その後2ヶ月で月商100万円を突破。
  10. 副業でセラピストをしていた方がビジネスモデルを再設計したところ、副業中にも関わらずミスユニバースのトレーナーとの仕事が決定。その後、月商50万突破。
  11. ブログ経由で大手出版社より出版し、日経新聞広告掲載&7万部を超えるベストセラーに。

お客様の声(一部抜粋)

自分と向き合う作業は気力も体力も要りますが、自分史コンサルに挑戦すれば、仕事や生き方にブレーキを掛けている原因も、飛躍するために大切なことも、間違いなく自分の中にあるのだと発見できることでしょう。

■コンサル前の状態(Before)
周りの人の活躍ばかりが気になって、上手く行動できない自分にモヤモヤを抱えており、他人軸の自分から自分軸(自分の価値観)を持つ自分に変わりたいと願って自分史セミナーに参加、コンサルを申し込みました。
一方で、「価値観が分かることで今の仕事が加速するという順番ではなく、自分の価値観が分かる結果として今の仕事が価値観に合っていないと分かる場合もある」と伺い、価値観を知るのが少し怖いと感じながら自分史を進めた日もありました。

■コンサル後の状態(After)
過去の辛い記憶を掘り下げることで苦しくなるかと思いましたが、私の場合はそういったことになりませんでした。
逆に、コンサルによって辛い記憶の中にも未来を明るくするヒントや気付きがたくさんあることが分かりました。
価値観を知るのが怖いという感情から、どんな価値観が見つかるとしても前向きに挑んでいこうという気持ちで自分史2周目に取り掛かっています。

■1回目のセッションを受ける前
受講生の方が「やりたいからやっているのではなく、できるからやっている状態だったのが自分の価値観が分かって、やりたいことができるが一致した」というコメントを聞いて、そうなりたいと思ってワークに臨んでいました。形式がシンプルなので量的に大変なだけ、と思っていましたが、実際にやってみると「脳の芯が熱くなる」ような、これまで体験したことのない負荷がかかることに気付きました。好きだったこと、嫌いだったことや好きな本、曲などの感情は浮かぶけれど、時系列に落とし込めない状態の情報がありました。

■1回目のセッションを受けた後
阪井さんのセッションは理路整然としていて、セッション自体のやりとりは円滑・軽快で受けやすかったです。が、一方で扱っている内容が自分の脳の芯にダイレクトに響く感じで、終わった直後は3時間ぐらい喫茶店で呆然としていました。自転車の運転などしたら事故でも起こしそうなくらいにふらふらになりました。
「心の石灰」が融解するのを体感した感じがします。数日が経つと心の石灰が融けた分、普通に過ごしていても「あ!」と気付きが起こりやすくなります。

■初回コンサルを受ける前の状態(Before)
6,7年ほど前から「自分いつまでこんな生活を続けるんだろう?このままでいいのか?」という漠然とした不安感・焦燥感にかられ、これまでたくさんのセミナーを受けてきたり、ブログ、アフィリエイト、物販(転売)などやってきました。ただそれも途中で急に飽きてしまうことが多かったです。
飽きる理由ははっきりとはわかりませんが、色々やるなかで「何かが違う」「何かはわからないが、どこか違和感がある」「欠乏感がある」ということをどこかで感じていました。
この違和感、欠乏感を解消するには、それを他者・外部に求めるのではなく自分自身の中に求めるしかないと考え、自分史に取り組むことに決めました。
■初回コンサルを受けたあとの状態(After)
一言でいうと「そうきたか!!」と。
初回コンサル中に阪井さんの口から「○○○」というキーワードが出てきたときに心えぐられる気がしました。。図星すぎて。その言葉が的確すぎて、あたかも”鈍器のようなもので殴られた”感覚です(笑。
自分史に取り組む以前に、自己分析も色々と行ってきたので比較的自身のことは理解しているつもりでしたが、阪井さんに改めて言語化してもらうことで、自己認識がよりクリアになりました。
正直、その言葉に向き合うのが辛い部分もあるのですが、これから改めて、自分の過去を振り返ってみようという気持ちになっています。ただただ、客観的に。
■これからノート3冊分の自分史に取り組もうと思っている方へひと言
今回、自分史に取り組むことで「あれ、なんでこんな大切なことを忘れてしまっていたのだろう?」という記憶がポロポロ出てきました。
自分史は、イメージでいうと阪井さんというタイムマシンの力を借りて過去の自分を助けにいってあげるような感覚でしょうか?(失礼な表現だったらすみません)
結局は自分自身の記憶を自分自身で消化していかなければならないんだと思います。
「自分史が必要だ」と感じたときが「自分史に取り組むべきタイミング」と思いますので、楽しんで取り組んでみてほしいです。
私は楽しくてたまりません(苦しい部分もあるけど)。
自分が想像以上に「重たい」ことに気付き、年明けからスケジュールを空白にしていました。スケジュールを埋めないことは少し恐怖だったのですが、おかげで睡眠時間を取れたり、損得考えずに好きなこと、やりたいことができました。また、この間はグルグル考え込まず、身体の反応・感覚に身を任せられるようにしていました。そうすると、自然と断捨離が進み、空いたスペースに新しいアイディアが降ってきたり、気付きも得られました。
自分史を読み返すと「休みたい」「のんびりしたい」という記述がチラホラ見られ、「どんだけ疲れとんねん…」とツッコミを入れたいほど。それほど周りの価値観やルールに縛られ、周りの期待に応えようとしていたのだと思います。
コンサルではほぼ毎回泣いていましたね。自分史の期間は、30代で最も涙を流した時期でした。ほんまよう泣いた…。泣いたおかげでデトックスでき、憑物がどこかへ消えたように感じます。その結果「売上、収益を捨てる」ことを決められて、心身共にものすごく楽になりました。起業・副業は一旦横に置いてといて、今は会社員をしながら溜まっているアイディアを一つひとつ形にしていこうと思います^^
昨日のコンサル時にお伝えしようとしてましたが、前回のコンサル時に「人に教えることが好きなのでは?」という仮説のもと、いくつか【対等な立場で教える】をコンセプトとした資料を作りました!
結果としてまだ1ヶ月ですが、既存の取引先からの口コミ(紹介)から新規の取引先が3社増えました。既存の取引先からは「金額もっと上げてください。」となぜか言われるようになり、長いお付き合いが確約されました!
早速結果が出て嬉しい限りです!ありがとうございます^^
阪井さんのコンサルを受けられて、本当に良かったと思います。過去2回起業塾に参加しましたが、学びになるけど何かしっくり来てなかったんです(何様なんや…)。
阪井さんと出会えて、自分史に取り組めて本当に良かったです。金銭的リスクを抱えて飛び込んだ甲斐がありました。手応えを感じています。ありがとうございます。
すごくハッとさせられる3時間でした。
そして改めて、自分の人生を振り返って自分自身を知ることが未来の人生において、いかに価値のあることなのかが少し分かったような気がします。
これからのワクワクする未来のために、ご協力のほど、よろしくお願いいたします!
自分史を書く前は、自分の価値観なんとなくわかっていたつもりだし、なんとなくブロックになっているものの存在は知っていました。
いざ、書き始めは、良かったのですが、書き進めていると、完全にエラーを起こして、「もう嫌だ」とか「ここにお金と時間をつかっても大丈夫なんだろうか」と、不安でいっぱいになり始めました。自分の人生に対して色々な感情が湧き上がってきたり、昔のことを思い出して後悔の嵐がやってきたりと、ちょっと日常の世界が、変わりはじめました。
一方で、書き始める時期と同時に、変化もありました。今までビジネスの世界では出会ってこなかった、いわゆる天才性ビジネス、アートとビジネスなどの観点でとらえるコミュニティに参加することになりました。
あらためて自分の思考のくせを突きつけられて、心折れそう、かつ現実逃避の状態でした。また、客観的に観れるようになっていきました。
1回目を受けた後は、心が軽くなった!という感覚です。
全てがつながり、なんとなく感じていた価値観と、感じていたブロックについての、裏付けがとれて、
自分の今までの人生で、実証がされた!という感覚です。
そして、言語化できた時点で、そこに対するストレスが一気に軽くなりました。
阪井さんの1回目までのやり取りの意味もわかり、だからこそ1回目のコンサルが
このタイミングでなされた!と、全てに意図をもって、伴走してくださって、本当にありがたいです。
自分の言葉では、自分の枠では、とらえきれない自分の人生の志が、阪井さんとのコンサルで、言語化された瞬間、全てがしっくりときて涙が流れました。また、阻んでいた壁の存在、ブレーキの存在も感じました。
このまま自分の才能やスキルを、自分でダメにしてしまうのは、嫌なので、徐々に、ブレーキを緩めていきたいと思います。
この自分史は、本当にみなさん受けた方がいいですし、学校のカリキュラムにした方がいいのではと思います!自分が自分の可能性に蓋をしていること、それは、勝手に起こっているから、気づいていないことです。クリアにするだけで、人生の幅も仕事の幅も広がっていきます。(まだ、その体験がはじまったばかりで、たぶんそうだと思います。)
自分史なんて・・・と最初は思うかもしれませんが、全ての答えは自分が握っていて、それを知るためには、自分一人では、無理難解。ましてや友達や親、身近な人に聞くのもナンセンスということがよくわかりました。長年かけた分厚いメガネをかけてみていますし、見られています。価値観に気づくためのメソッドは世の中にたくさんあるかもしれませんが、大量の経験と行動で裏付けられた時の安心感と納得感がとても大切です。
それが得られるのがノート3冊分の自分史です。
自分史を書いて、コンサルを受けた翌日ですが、すでに、価値観に基づく生き方を、はじめると、楽々です。
たった1日でもそう感じているので、後は、継続と深堀りで実践していきたいと思いました。
■初回コンサルを受ける前の状態(Before)
一通り自分史を書いてみたものの、これがどう繋がるのかよくわからなかったです。
書くのに疲れて、楽しみがあまり感じられませんでした。
■初回コンサルを受けたあとの状態(After)
なぜ書くのかの意味がすこしわかり、なるほど!と納得しました。
この先進めるのが楽しみになりました^ ^
ただまだ1回目なので、少し見えたという感じです。
■これからノート3冊分の自分史に取り組もうと思っている方へひと言
とりあえずやってみてるのが良いと思います。書くだけでも、いろいろな気づ気があるし、コンサルを受けると自分ではわからなかった視点で見ることができます。

その他のお客様の声は、阪井のfacebookフォトアルバム内にまとめておりますので、そちらをご参照ください。

真っ直ぐに生きたいと思うあなたへ・・・

もし・・・あなたもこのようなに自分を変化させたい、なにものにも左右されない真っ直ぐに生きたいと感じているのであれば、ぜひ弊社主催のセミナーへお越しください。
セミナーの開催日程や詳細については、随時メルマガのみご案内しておりますので、まずはメルマガ登録をお願いしております。
また、メルマガにご登録時の特典として、「ノート3冊分の自分史ガイドブック」と「自己分析用の質問シート」を配布しております。
ノート3冊分の自分史についての具体的な内容が理解できるようになっておりますので、ぜひお読みください。