ノート3冊分の自分史® 無料e-book&オリジナル質問シートを配布中!

【実物】ノート3冊分の自分史®のホンモノを公開します!

お知らせ
本記事はメールマガジンからの転載記事です。
阪井が配信しているメールマガジンの登録はこちらからお願いいたします。

【実物】ノート3冊分の自分史®のホンモノを公開します!

阪井は「ノート3冊分の自分史®」コンサルティングを提供していますが、自分史の難しいところは、自分史自体が究極の個人情報なので…
「こんな風に書くんですよ!」というような形で事例を出せないという課題があります。
具体的な事例を出した方がイメージしやすいのは分かってるのですが、何しろ個人情報を大量に含んでいるのでなかなか公開できませんでした。

しかし、この度…あるコンサルパートナーさんから

「ノート3冊分の自分史®」をこれから書かれる方の参考になるのであれば!

と許可をいただき、公開させていただくことになりました!(本当に感謝です!)
それがこちらです!

 ノート3冊分の自分史®の実物

ノート3冊分の自分史®の実物

「ノート3冊分の自分史®」では、同じ質問に対して3回答えていきます。
人間の記憶というものは、何度も刺激を与えてあげることで、徐々に記憶思い出してくる性質を持っているからです。

あなたも昔話をする時に最初は思い出せなかったけれど、話をしているうちに「そういえば〜!」と思い出した経験はありませんか?

それと一緒で「ノート3冊分の自分史®」では言ってますが、実質は何度も何度も繰り返し、「ノート3冊分の自分史®」に向き合うことで自分の中の奥深い部分にある記憶が表面に出てくるのです。

「ノート3冊分の自分史®」では、3回それぞれゴールを設定し、各回ごとにコンサルティングを行います。

1周目
1週目のゴール
まずは頭の中を空っぽにする
1周目
コンサルティング
2周目
2週目のゴール
コンサルティングを経て出てきたキーワードを元に追記&感情の記入・深掘り
2周目
コンサルティング
3周目
2週目のゴール
自分の人生がキーワードで「繋がっている」という感覚を得る
3周目
コンサルティング

というものです。

このステップを経ることで、3周目が書き終わる頃には

自らの「ノート3冊分の自分史®」ノートに書かれていたキーワードで自分の人生が説明できる!

という状態を目指していきます。

この間、約4ヶ月〜6ヶ月。
これだけの時間・期間を使って、自分と徹底的に対話をしていくものが「ノート3冊分の自分史®」です。
だからこそ「ノート3冊分の自分史®」を書き終えると、「自己分析と決別することができる」ということなのです。

ちなみに、先程ご紹介した「ノート3冊分の自分史®」は、2周目を書き終えた段階のものです。
1周目でキーワードが出てきて(これもノート3冊分の自分史®に書いてある)、そのキーワードを元に、さらに思い出したことを追記していく。
そして、その当時の感情も記入&深掘りをしていきます。

2周目に突入すると、自分の中に眠っていたものが顔を出し始めるので、このようにもはや枠を無視した(笑)…自由な形のノートになってきます。

もしかすると、あなたは・・・

この自分史ノートを見て、ここから何がわかるの?

と思われるかもしれません。

今回公開したものは1ページのみですが、これが全部で500〜800ページほどあります。
そして、阪井はそれらを全て事前に読み込んだ上でコンサルティングを提供しています。

一見するとグチャグチャに見えるノートであっても、筆跡や文字の大きさなどから、重要な部分が見えてきます。
それらを読み取ったものをヒントにして、その方の心の奥底に潜んでいる「価値観」を炙り出していく作業が必要なのです。

「ノート3冊分の自分史®」では、自分史ノートに書かれたことを元に展開していきますので・・・
たとえばコンサルティング時に
脳(頭)の抵抗で「いや、自分はそうは思わないです。」のような反応があったとしても「自分史ノートに書いてありますよ。」という話をすると、「・・・そうですね、書いてあります(笑)」となり、ある意味で言い逃れができない証拠を突きつけられることになります。

このように1つひとつ見ていくことで、その方が人生の中で身につけてしまった贅肉(思い込み)の部分を削ぎ落とし、その方の心が希求している「価値観」を明らかにしていきます。

そのため、そもそも「ノート3冊分の自分史®」に本気で取り組んでいただかないと…このようなことは起こりませんし、読み解く側もものすごく丁寧に扱っていかないと「価値観」を見過ごしてしまうことにも繋がります。

×コンサル → ◎セッション(共創・協奏)

コンサルティングと言っていますが、本当はセッション(共創・協奏)なのです。

お互いが本気でぶつかるからこそ、本当に良いものができる。
だからこそ「ノート3冊分の自分史®」を書くことで、自分の特性が全て明らかになり、自己分析と決別することができるため、ご自身の事業をさらに伸ばしたい経営者やキャリアアップをしたい会社員、人生のベクトルをググッと上げて、次の次元に到達したい方が「ノート3冊分の自分史®」に取り組んでくださっています。

ノート3冊分の自分史®の成功事例・お客様の声

とはいえ「ノート3冊分の自分史®」コンサルティングは、完全マンツーマンでのサポートのため、受け入れることができる人数には限りがあります。

いま現在…阪井のコンサルティングは約1年待ちとなっていますが、この秋〜冬くらいには追加募集ができると思いますので、「ノート3冊分の自分史®」に興味のある方には、メルマガでのお知らせを気長にお待ちいただけたらと思います。

 

\ 募集を開始しました! /

【1年ぶり】「ノート3冊分の自分史」メインセミナーを開催します。