ノート3冊分の自分史e-book&オリジナル質問シートを無料配布中!

「自分とは?」は究極の問いである

自分とは?=究極の問いである

就活生から経営者、10代から高齢者まで、沢山の人が常に自分に問いかけ、その答えを探し求めている問い・・・それが「自分とは?」です。

あなたも一度は 「自分とは?」という問いを 自分に対して投げかけたことがあると思います。

この問いに応えるべく、 世の中には様々な自己分析法が溢れ、 沢山の方が日々「自分」と向き合っています。

でも、「自分とは?」を追求すればするほど、 逆に自分のことがわからなくなってしまい、さらに解決法を求めて 色んな自己分析に取り組むという矛盾に陥ってしまう方のなんと多いことか。
そういう意味では、「自分と向き合う」ということは、諸刃の剣かもしれません。

一方で、悩む人が多いということは、その分ビジネスチャンスにもなるということです。

だからこそ、自己分析はそれだけで市場が出来上がり、多種多様な自己分析法が溢れ、「あなたはこうだ!」「こういう資質を持っている!」 という診断が日々くだされ、それが拍車をかけて 「自分とは?」という問いに対しての答えを曇らせてしまっています。

自分とは?

もし、あなたがこの問いを自分に投げ掛け、「なんだか自分のことはよくわからないな」「本当の自分を知りたい」と思われているのであれば、ぜひこの先を読み進めてみてください。

自分とは?を考え始めるタイミング

自分史コンサルタントである阪井はこれまで、「自分とは?」に対しての答えを一緒に見つける伴走者のような役割を仕事にし、これまで7年以上、累計1,000名を超える方々の「自分とは?」という問いに一緒に向き合ってきました。

これまでコンサルティングを受講いただいた方は、就活生の方から主婦の方、会社員の方や起業家、経営者まで、実に多種多様なバックグラウンドを持った方とご一緒させていただいています。

例えば、経営者や起業家、企業のリーダー層で多い悩みが、これまでがむしゃらに頑張ってきたけれど、会社の成長が一旦落ち着いて収入もとれるようになってきたら、「自分が頑張る理由」がわからなくなってきたというパターンです。

もう一度自分を奮い立たせ、頑張りたいと思ってコンサルタントと契約し、理念の再設定や売上目標の修正を行って実行に移そうとするも、いざ社員に伝えたら全然伝わない。

色々試行錯誤しているうちに、離職率が上がり、会社の理念も自分の理念もぐちゃぐちゃになってしまい、このままではマズいと思った時に「ここで一度自分と向き合いたい」と思われるんです。

また、会社員の方で多いのが、これまでのキャリアを踏まえて今後どうしていこうかと考えたときに、起業・転職・昇進・退職、色んな選択肢がある中で「あれ、自分は何をやりたいんだろう?」という疑問が噴出し、「このタイミングで一度立ち止まって考えてみよう」と思ったパターンの方も多いです。

バックグラウンドは1人ひとり違えど、こうった皆さんに共通しているのは、「自分と徹底的に向き合いたい」ということ。
いわば、仕事もプライベート含め「人生の踊り場」に到達し、ここから更に上昇ラインを描くには、「この先どのようにしていったら良いのだろうか?」という疑問を持った方が「自分と徹底的に向き合いたい」と思われるパターンが多いです。

そう・・・「自分とは?」という問いは、今後の自分の人生を決めてしまうくらいのインパクトのある究極の問いなのです。
だからこそ、そう簡単に答えが見つかるはずがありません。

なぜ性格診断は、自分を混乱させるのか?

世の中には多種多様な自己分析法があるにも関わらず、どうして人は「自分とは?」の答えに辿り着かないのでしょうか。

それは、私たちが持つ「思考のクセ」が原因です。

例えば、ある性格診断テストを受けたとします。
「あなたには●●という特性があります!」という結果を見たときに、あなたはどう思うでしょうか。「そうそう、そういう特性持っているよ!」と思うかもしれません。

そして「自分のことがわかった!」とスッキリした顔をしていたにも関わらず、1週間もすればまた「あのときは自分って●●だと思ったけれど、なんか違うんだよな…。」のように、一種の違和感を感じ、その違和感を解消するために別の自己分析に取り組んだ結果…結局同じことを繰り返してしまう。

実はこの現象、決してその性格診断テストの質が悪いとか、そういったことが原因なのではなく、私たちの頭の中で行われている「思考のクセ」が原因なのです。

私たち脳はとても賢いので「あなたは●●タイプです」と言われた瞬間、その●●タイプに当てはまる過去の記憶を無意識下で引っ張り出してくる、という特性を持っています。
その処理スピードが尋常じゃなく早いので、「自分は●●タイプなんだ!」と思い込んでしまうのです。

でも実は、それは「当たっている」のではなく、「当て嵌めにいっている」という表現のほうが正しいです。
そのため、数日もすればその魔法は解けてしまい、また同じように「自分とは?」の迷宮に迷い込んでしまうのです。

そもそも、私たちは生まれた場所も育った環境も、今まで付き合ってきた人も千差万別。誰ひとりとして、同じ経験をしてきた人はいません。
先述したような●●タイプは、1つの参考材料にはなりますが、「自分とは?」という問いに対しての答えには、決してなり得ないのです。

答えは過去にある

前回のメルマガでも書いたように、私たちは自分を●●パターンに当てはめることはできません。

私たちは千差万別。これが、阪井が起業して7年…ずっと一貫して伝えていることです。
私たちがいまこの瞬間、この場所にいることができるのは、全て過去行ってきた行動・判断・経験の結果です。
そして、私たちが未来を描こうとするときに、参考材料にするのも「過去の経験」です。つまり…私たちは過去から学び、今を生き、未来を描く存在なのです。
ということは、もうお分かりでしょう。

「自分とは?」という問いへの答えを見つけるには、「過去」を振り返ることが唯一の方法であるということを。
そして、振り返った過去を参考材料にしならが未来を作っていくことが、過去⇔現在⇔未来が繋がっている状態なので、私たちが一番パワーを発揮できるということを。

しかも人は千差万別のため、●●タイプのような周りからの情報を一切入れずに、ただひたすらに自分と向き合うという時間を過ごすことが、「自分とは?」という問いに対しての唯一絶対の答えなのです。

阪井が提供するノート3冊分の自分史は、約3ヶ月という時間をかけて徹底的に自分を振り返っていきます。
「なぜそこまでする必要があるの?」「大変そう…自分にできるだろうか?」
このような声もいただくことがあります。

確かに…3ヶ月もの時間をかけて、自分と向き合うということをしているのは、日本(というか世界)で唯一「ノート3冊分の自分史」だけです。
一見すると時間と手間も掛かるし、大変そうに思うかもしれません。

でも…人生の中のたった3ヶ月、自分と徹底的に向き合ったら「自分とは?」という問いに終止符を打ち、そこからさらなる成長へと一歩踏み出しつづけることができるとしたら…その3ヶ月は短く、かけがえのない3ヶ月になると思いませんか?

実際、ノート3冊分の自分史を書いてくださる方は、経営者・起業家・企業のリーダー層、フリーランス、副業の人など、自らの手で自分の人生を切り拓いている方々ばかりです。

経営者やリーダー層は、会社や社員のことを考える以前に、自身が「自分とは?」に対する答えを見つけることで、会社のミッション・ビジョン・バリューも今より更にクリアに捉えることで、社員や顧客に対しても自らの考えが明確に伝わるようになり、結果として行政も上昇に転じます。

フリーランスや副業の方は、「自分とは?」に対する答えを見つけることで、自分じゃないといけない理由が明らかになり、「集める」のではなく「集まる存在」になることができます。

ノート3冊分の自分史に興味がある方はまずは以下よりメールマガジンへのご登録をお願いいたします。

参考までに、これまで「ノート3冊分の自分史」を書かれた方の事例を載せておきますね。

  • 1年で年商10億から20億になった運送会社社長。
  • 大手外資系生命保険会社支社長(部下100名)。ノート3冊分の自分史から見つけた価値観をもとにした組織運営をスタート。それまでの売上至上主義からの転換を図り、職場の雰囲気が改善し離職者を減らしながら売上上昇中。

    パーソナルジム経営者。自分史を書いてコンセプトが決まり、オールアバウトの専門家登録。現在新規予約3ヶ月待ち。

  • 経営者専門占い師。女性向けから転換し、事業をイチからつくる。現在はセミナーが7ヶ月連続満席(20回近く)。
  • ノート3冊分の自分史から見つけ出したコンセプトを元に出版決定。処女作と2作目が累計20万部超を売上げる。
  • 個人事業主。コンセプトを決めたその日に契約決定(電話でコンセプトを話したら、依頼したいと言われた)。
  • 普通のOLだった人が独立を決める。独立後、企業からの依頼が複数舞い込み、企業とのコラボ企画決定。
  • 副業のライター。副業をやったことがなかったが、コンセプトをつくったら個人事業主からの依頼が多数舞い込み、副業での対応が限界に。独立検討中。

嘘のような話に聞こえるかもしれませんが、これまで「ノート3冊分の自分史」に取り組んできた方は、驚くような結果を出された方ばかりです。

でも、その方々は何か特別な力を持っていた訳ではありません。
ただ丁寧に自分の過去と向き合っただけです。
それが結果として、自分を更に成長させるきっかけとなったのです。

もしノート3冊分の自分史に興味があるなら、まずは無料で配布しているe-bookをダウンロードしてみてください。必ずあなたのお力になれるはずです。